事業資金の調達方法を掲載中!困った時のための1冊

>コラム>事業資金の調達は審査が面倒?簡単に通るものもある

事業資金の調達は審査が面倒?簡単に通るものもある

株

金融機関の注意点

事業資金を調達する方法には公的融資や銀行融資やファクタリングなど、さまざまな方法があります。これらのうち公的融資は国の機関や地方自治体が産業の振興を目的として行っているもので、金利負担が軽く返済条件も緩やかなので人気があります。ただし審査期間が長ければ2〜3か月もかかり、急いで事業資金を調達したいとき間に合わないことがあるため注意が必要です。銀行融資は厳しい審査に通らなければ受けられませんが、信用保証協会を通せば条件が緩やかになる場合があります。ただし一定額の保証料が必要になります。また担保になる不動産があれば大口の融資を受けやすくなります。ファクタリングは融資ではなく、売掛金を早期に現金化する仕組みです。

男性

必要な書類など

公的融資で事業資金を調達するには、本人確認書類や収入証明書類に加えて、事業計画書や事業計画進捗報告書などの書類を提出しなければなりません。内容はともかく役所だけに形式にはうるさいので、必要書類が欠けていないか気をつけてください。銀行その他の金融機関で不動産担保ローンを利用するときは、固定資産税評価証明書などが必要になります。また各銀行では、担保や保証人がなくても事業資金を調達できるローンが提供されています。こうしたビジネスローンを利用したい場合は、本人確認書類と商業登記簿謄本のほか、過去の決算書や納税証明書などの提出が求められます。ノンバンクの事業性ローンでは、これよりも審査が緩くなる傾向があります。

広告募集中